スケーター高橋大輔と浅田真央に学ぶ、積み上げ力

積み上げては壊すタイプだったなぁと「積み上げ力」という本を読んで自分の学生時代を思い出していた。それと同時に、もともとコツコツ型ではないのに、今ブログやSNSを毎日何か発信する、というのは続けているなぁ、と自分の今も考えた。現在こうして毎日何かを発信することができるのは、フィギュアスケーター高橋大輔選手と浅田真央さんの影響ではないか、と思えてきた。

高橋大輔選手と浅田真央さんの積み上げ力を感じたから。ただファンだから影響されたというのは有るだろうが、それ以上に2人の影響力の凄さではないかとも思う。そんな2人のフィギュアスケーターとしての積み上げ力は、どんなところにあるのか、考えてみる。

2人の積み上げ力の共通点は3つ

  • 長年続けてきたこと
  • アスリート全般だが、基礎からの積み上げを感じる確かな技術力
  • 認知度が上がってからも多種多様なプログラムに挑戦してきたこと

長年続ける難しさ

フィギュアスケートのみならず、スポーツは怪我がつきものだ。早くに引退する選手も少なくない。そんな中で長くコンスタントに試合に出続ける事で、多くのファンが認知、応援してきたのだろうと思う。もちろん2人の人格の良さなど他にも理由はあるだろう。それでも2人の活躍した期間がほんの5年だったとしたら、引退を5年もした後の復帰や、引退後の活動がこれほどまでに支持されていたかどうかは不明だ。2人の活躍の凄さは、フィギュアスケートファンじゃない人たちまで巻き込む事なのだから。

ビジネスも同じことはずっとは続けられないかもしれないが、やる事を変えながらでもコンスタントに発信していくことが大切なのではないかと思う。軸がぶれなければ、何かに向かってずっとやっている姿であることには間違いない。

基礎からの積み上げの凄さ

高橋大輔という人は、自分で練習嫌いと言う。しかし周りの人間は、彼の練習は凄いという。要は謙虚なのだろう。もちろん真実な部分もあり、練習量で決まると言われるスピンは、時にはフラフラになっていた。そんな部分はさておいても、目標を持った高橋大輔というのは凄い集中力だと思う。目指すレベル、精度が高い。同じくレベルが高いのが浅田真央だ。浅田真央の場合は子供の頃から練習の虫だったと言われている。その子供の頃からのの鍛錬の結果なのか、想像を絶する体力の持ち主だとファンとしては感じる。もちろん全ては彼女の努力の賜物だ。そしてその鍛錬の結果、高難度な事を、軽くやってのけてしまう。フィギュアスケートはジャンプだけではない。一つ一つ見ると、スピンやステップ、体重移動や所作全てに、驚きがある。THE高橋大輔、THE浅田真央と思える動きが必ずある。この人にしかできないだろうな、と思うような。これこそがコツコツと積み上げていく力だ。

流石に子供の頃からのアスリートと同じようにはいかないが、思い立ったが吉日。やろうと思った日から、クオリティは考えずにまず始めるのが良いだろう。高橋大輔も浅田真央も氷に乗ったその日に全くこけずにいられた訳ではないのだから。

挑戦する事、人の幅

フィギュアスケートは、上位に上がると、試合後のエキシビション という「魅せる」プログラミングを披露する場も出てくる。そうなるとフィギュアスケーターは、ショートプログラム、フリープログラム、エキシビション 、と1年間で3つのプログラムを滑る。3×活躍年数が、認知されやすいプログラムと考えた時に、この人といえば、この曲調という定番があると、多様なイメージはつかない。高橋大輔選手も浅田真央さんもさまざまな曲調のプログラムを踊った。そのため人によって高橋大輔といえば、コレは多数の曲が出てくるだろう。ヒップホップスワンでしょ!という人もいれば、やっぱりマンボでしょ!という人もいる。浅田真央といえば、もソチオリンピックのフリーの曲!という人もいれば、ショートの愛の夢という人もいるだろう。白鳥の湖という人もいれば、メリーポビンズという人もいるだろう。とにかく2人は多種多様な曲に挑戦してきた。そして、フィギュアスケート以外の部分でも、多様な活躍を見せている。そのことが、2人の人としての幅みたいなものを見せているように思う。

ビジネスでも、私自身はこれ、とこだわる職人さんが好きだが、そんな職人さんの違った一面でギャップが見れたら、さらにファンになってしまう。だから、誰でも真面目な仕事の部分と、また別の仕事をしてみたり、プライベートで新しいことに挑戦していくのを見せていくのは大切なのではないかと思う。

http://【スケーターから学ぶ積み上げ力】高橋大輔選手/浅田真央さん/主役力を上げるラジオ https://youtu.be/k1PiqX9CFF4