今まで、サロンを開くんですと言うアイリストやスタイリスト、エステシャンやアロマの先生、独立して会社を作りたい、と言う人材派遣システムを作りたい方、ネットのシステムの営業の方など様々な業種の方と出会った。そして、立ち行かなくなってしまっていつのまにか会社員やバイトがメインになっている方々がいる。

実際に起業した人たちだ。私が関わったわけではないので、内情はわからない。その人たちを外から見ていて6つの傾向があるな、と感じた。性格的なこともあるだろう。これから進むのに当たって、自分にどの傾向があるか分かると、その状態に陥いるのを防ぐことができるはずだ。

立ちゆかなくなる起業6つの傾向

  • 楽観的
  • 悲観的
  • 計画重視型
  • 無計画型
  • 変化嫌悪型
  • 変化のみ型

楽観的

起業に勢いは必要だ。考えすぎると進めないため、良いこともあるはずな楽観的な性格。何も考えていないと、結局自分の位置が分からず、浅瀬に留まってしまいがち。

悲観的

現状を嘆くばかりで悲観し、考えようとしない状態。

計画重視

計画を3年5年単位で立てる事ができるので、事業がうまくいきやすいはずの計画重視型。計画を立てた時とは状況が変わっているにもかかわらず、柔軟に対応できない場合が危ない。

無計画

その場しのぎの行動で計画がないため、柔軟に対応するものの、資金が底をついて黒字倒産なんてことになりかねない。

変化嫌悪型

変化で起こりうるリスクを回避したいために、変化を嫌う。成功体験がある場合に特に強くなりがち。成長できない原因に。

変化のみ

今を生きる、と言う状態。事業としては常にやっている事が変わるので、かなり上手く伝えていかないと、軸がないように見えて、心許なく信頼感が育たない。

どんな傾向にあるか、考えてみてください。自分ではわからないな、誰かの意見が聞きたい、と思ったら、開業したい方のためのセミナーにお越しください。